わかりにくいのは遺族年金の請求手続き

相続が発生し、請求の手続きをすると国からお金をもらえる可能性もあります。

人が亡くなると、遺族年金を受給できる場合があります。

 

国民年金から支給される遺族基礎年金、死亡一時金、寡婦年金、厚生年金保険から

支給される遺族厚生年金、中高齢寡婦加算や経過的寡婦加算、

厚生年金から支給される遺族給付金といったものを含めて、

死亡にかかる給付として受給できるものをまとめて 「遺族年金」 と一般的に呼んでいます。
“わかりにくいのは遺族年金の請求手続き” の詳細は »

すべての相続人の税額の計算

配偶者の税額軽減は、配偶者が遺産分割で実際に取得した財産を基に計算されます。

相続税の総額を各相続人が実際に相続した額に応じて振り分けます。各相続人ごとに該当する税額控除等を控除して納付税額を割り出します。

相続税の特例は以下のようなものが定められています。
“すべての相続人の税額の計算” の詳細は »

どういう計算式で相続税はのしかかるのか

相続時精算課税適用財産の価格及び3年以内の贈与加算額を 加算します。

相続税額の計算は
その1:相続財産の額と相続人の数から相続税の総額を求める。
その2:その相続税の総額を財産を取得した割合で各相続人に振り分けて計算する。
“どういう計算式で相続税はのしかかるのか” の詳細は »

相続で遺産分割の話し合い

民法でも、”法定相続分”という配分の割合が定められていますが、この遺産分割協議の方を優先しています。

相続人全員で遺産分割協議をして、どのように配分するかを決めます。民法でも、”法定相続分”という配分の割合が定められていますが、この遺産分割協議の方を優先しています。
“相続で遺産分割の話し合い” の詳細は »

遺産を相続するとはある程度は大変だ

誰が相続人で、どの人が遺産を受け取るのかどうかを決めて、遺産の分割を相続人全員で、話し合意を行います。

相続というものは亡くなった人の遺産をその配偶者や子供、あるいは孫が受け継ぐことをいいます。
相続は、被相続人が亡くなると同時に開始され、自動的に遺産の全てが、相続人に受け継がれます。
“遺産を相続するとはある程度は大変だ” の詳細は »